データを消さずに修理する方法

メーカー修理は無条件で全データ消去
メーカー修理に出した場合には、iPhone内の大事なデータは全て消去され、購入時の状態に初期化て戻ってきます。単なるバッテリー交換だとしても、やはり初期化されて返ってきます。
これは個人情報保護の関係でユーザーの個人データの扱いが厳しくなり、修理の過程ですべてのデータが消去されるためです。

壊れてからのバックアップは難しい
メーカー修理では、ホームページなどを通じて「修理サービスをお申し込みになる前にiPhoneをiTunesと同期して、連絡先、写真、メールアカウント設定、SMSなどのデータを必ずバックアップしておいてください。」とアナウンスされます。あらかじめバックアップ出来れば良いのですが、残念ながらiPhoneを壊してからではバックアップは難しいのが実情です。iPhoneが壊れてショックな上に、メーカー修理で高額な修理料金が掛かり、その上アプリも音楽も全て入れなおし・・・とても胃が痛くなる話です。

iPhoneの修理専門店ならデータ消去なし、そのままデータが残る
電話帳もアドレスもアプリも音楽も入れなおしなきゃいけないなんて面倒くさい…と思われるようでしたら、iPhoneの修理専門店に依頼する方法があります。これまでにもご紹介したように専門店に修理を依頼した場合はiPhone内のデータが消去されることはありません。修理後も手元に戻ってきたiPhoneをそのまま使えます。ただ、個人情報の漏洩が気になるところですよね。iPhoneの修理専門店では「お客様のデータには一切触れません」と必ず注意書きがされています。どうしても心配のようでしたらやはりバックアップを取って初期化してから修理を依頼するほうが良いでしょう。

参考 ⇒ iPhone修理専門店 一覧リスト

同ジャンルコンテンツ 一覧メニュー